スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勢いに任せたやつ 2

「なんか、こういう場所落ち着かないね」

2話 1個

苺は、少し笑いながらシキアの隣に腰を下ろした。
シキアは苺の言葉を聞きながら
落ち着かないのは、ここがスラムだからということだけではない、と彼に言いたかったが、寸での所で止めた。
苺は、彼へ何故ここへ居るのかという詮索はしなかった。
そのことが、シキアにとってひどく暖かかった。
彼が暖かい無関心を与えてくれるのなら、
俺もそれに応えるべきではないか。
シキアはそう思ったのだ。
しかし、シキアはどうにも苺のような
無関心をよそおえるか不安だった。
苺のそういう面には、敵う事が出来ないという事を
苺と常日頃行動を共にしていたシキアだからこそ痛感していた。
「俺がここにいるってよくわかったな」
シキアは目の前の廃屋を見つめながら、
なるべく固くない声で言った。
今まさに発した言葉を、スラムの静寂はすぐさま飲み込んでいった。
一言がこんなに重たいということを、シキアは初めて知った。
魔法局もスラムもどちらも一様に静かな場所であった。
だが、入り組んだ路の続く魔法局の静寂は、
その建物で行われている目的の荘厳さ故のものであった。
スラム街の静寂は、魔法局の荘厳さとは違った、
哀愁や、無慈悲さ、凄然とした自由を帯びているようにシキアは感じた。
そこには彼がいつも向き合っている書物や
あまつさえ、言葉すら無意味な物になってしまう。
シキアはそのことを、そぞろ寒くも感じたが、
同時に、身軽にさせてくれる涼しさにも感じた。
何故今になって、気付くのだろう。
何故今になって、感じてしまうのだろう。
スラムの殺伐とした広場は
港街イルファーロのそれとは似ても似つかない。
ましてや、首都アイトックスのそれとは
到底比較することすらできないだろう。
俺は本当に遠くへ行ってしまうのだ。
シキアは左にある枯れた噴水へと視線を流しながら
もう飲み込まれてしまった自らの声をかきあつめようとした。
そうでもしないと、彼は今まで以上に深い水底へ
その体重を預けそうになってしまうからだった。
今の彼には、思考に息継ぎをさせるきっかけが不可欠だった。
シキアの質問に苺はどう思ったのだろう。
苺はまだ何も答えない。
二人の間は、人一人も入れないくらい小さいものだったが
今になって、シキアはこの隙間にも風が通っていることを知った。
その隙間は、いつから開いていたのだろう。
シキアの小さな疑問に噴水の上の烏は
答える事など出来ないくせに、かぁかぁと鳴いた。
あざ笑っているように聞こえた。
途端にいいようにないもどかしさが胸を占めた。
小さな息しか吸えなくなっていた。
シキアは自らの異変に多少狼狽したが
僅かにでも苺には知られてはいけないと考える部分が
まだシキアには残っていた。
そのことは、彼にとって考えるというよりも
むしろ悟ると言った方が自然なように思えた。
シキアは自己防衛のためか、背筋が幾分か曲げた。
その姿勢はうなだれたようにも見えた。
今きっと苺に、望んでいない姿を見せている。
シキアはそう感じた。
同時に苺にほんの少しだけ期待を抱いた。
もしかしたら、気遣いの言葉をくれるかもしれない、と。
その言葉が、彼らの間に揺るぎを与えるのは明白だった。
シキアにはその揺らぎが恐ろしかった。
いつまでもこのスラムで静寂を保っておきたかった。
そうすれば、華やかな出世話など忘れられると思った。
シキアはきらびやかな首都になど
まるで心は躍らなかった。
また、苺と共に死線を潜り抜けたかった。
もっと詰めていくと、彼は苺を
傍らで感じていたかった。
シキアにとって苺との思い出は
鋼鉄の引き裂く音と、錆びた匂いのする
赤い飛沫など、それだけだった。
これが一体何の意味を成すのか。
今となっては、それらは虚飾に思えた。
それ故に、腐臭漂うスラムを僅かに揺らす言葉は
僅かばかりの憂いと、気遣いをナイフのような鋭利さを持ち、シキアへと届くのであった。
「俺は、シキアと結構な付き合いだったから」

2話 2個

まだ続く
スポンサーサイト

勢いに任せたやつ 1

男はひどく疲れていた。
テスト1kari
彼の出席する祝賀会での人ごみが、息苦しかったからだろうか。
しかし、彼の心中がかきまわされているのは
そのことが根底ではなかったようだった。

シキアは孤独であった。
シキアは5日前の会合で正式に、
首都アイトックスへの派遣が決定された。
彼の家柄はとても裕福なものではなかった。
しかし、彼の博学さの噂と、
魔法局での新薬の開発援助等、
数々の実績が首都へ行き渡り、
書記管理及びダンジョン内での採取活動支援
という小さなお役目ではあるが、
首都への派遣が決定したのであった。

今回の一件は、シキア家にとっては
青天の霹靂のように思える出来事であり、
今夜、祝賀会を開催することになったのも
家族達の彼への賛辞を形にしたものであることは
誰の目を見ても明らかなことであった。

いかし、彼の心はその華やかな服装に隠されていた。

彼は祝賀会の主役であるにも関わらず、そっと場内を抜け出し
スラム街へ来ていた。

広場とは対照的に、この住宅街はいつも殺伐としており
いたる所へ死体や、腐敗した果実達が転がっており
ちょうど彼が通ってきた階段にも、ひとつ
元の形状がどのようなものだったのか判別が出来ないような
ぐちゃりとした赤い球体が転がっていた。
彼は塀の上へ腰を下ろした。
寂れた風が彼の頬をなぞっている。
祝賀会の明美な音楽や談笑、
人々の雑踏も、この地までは
無色の風は届けてくれていないようだった。
今の彼にはそのことがひどく心地よかった。
三日後首都へ赴く彼にとって
今は、婦女達のコサージュより、
彼のすぐ後ろに群生している細い草達が
彼の目を落ち着かせるのであった。

するとその草の向こうへ人のようなものが見えた。
人影はこちらへ向かってくるようだった。
体格からすると、おそらく剣を扱う者であることは分かった。
彼は相手へ悟られないように、体の向きを正面へ戻し
ゆっくりと立ち上がると懐の短刀へ手を忍ばせた。
すると、後ろから飄々とした声がした。
「よう、そんな事すんなって。怖いじゃないか」
テスト2

その声に彼は、張っていた気を緩め、
懐へと動かせていた手を下した。
なぜなら彼は、その声の主と親しかったからである。
人影だった者は、そのまま彼の横へと足を運んだ。
テスト3

「まぁ、とりあえず座ろうよ」
苺タルトはそういうとその場へ腰を下ろした。
2人の間に、先ほどのような
鋭い駆け引きはないようだった。

苺タルトは彼の命を何度も救った戦士であった。
シキアと苺は魔法局の依頼で
度々ダンジョン内へと足を運んだことがある。
シキアは研究対象の採取及び戦闘サポート
苺が、前衛を担う役割であった。
そのため、苺がいなければ
名実ともに今のシキアはいなかった事になるような出来事は
度々起こっていた。
そのためか、シキアは苺へ友情とも似合わないような
なにか複雑な感情を抱いていた。
その感情が彼の深海のように暗澹とした心を
生み出してしまっていることにシキアは薄々気づいていた。



続く

めっちゃ久々に更新(しきあ)


10月忙しかったです!

全然ゲームしてませんでした!



久々にINしてみんなに挨拶してきましたよ





そんなこんなでHP20破片を無料でたくさん買いました


wo_20131101_235107_4.jpg

いや~、得した得した

これで目標にかなり近づきましたぜ






イチゴさんがアナゴに浮気してたので絡んできました

wo_20131101_235026_1.jpg

wo_20131101_235026_2.jpg

アナゴらしい




wo_20131101_235044_3.jpg

一通り話し終わったところで暴れましたとさ



めでだしめでだし



被害者(しきあ)


どうしてこうなった。。

以前書いたけど、
わたしは賞金首だ。


wo_20130912_173027_201309121756551fb.jpg

かかっていた金額は10Mだったはず。





wo_20130916_213911.jpg


倍になっとるがね





wo_20130916_230708.jpg

なんだこれは!!

イジメか?イジメなのか!?


全茶もしつつ、
飛んでくるWISにも対応しつつ。。




wo_20130916_230716.jpg


賞金はまだ増えてゆく。。


増え方おかしいだろ!




そして。。。


wo_20130916_234504.jpg

い、一億。。。!?



8人からてw

頑張り過ぎだろwww



お金は鍛錬とかに使いなさいよ!!



ccして戻ってくると


wo_20130916_235511.jpg

まだ増えてた。。






wo_20130917_010726.jpg

なんか3M増えてたけど、

もうこの桁だと少なく感じるよね、うん。


額とかもういいよ。。。


ほんとどうしてこうなった







じつは別でブログネタあったんだけど、

wo_20130916_200002.jpg

昨日、よくわかないけど

1度だけソウルマテリアルが5もらえたんだよね。


いつもは4なんだけど。。

wo_20130916_200002_1.jpg

TRで聞いても誰もわからず。。



しかし最早どうでもいい



おはようございますww(しきあ)


平和な10chスラムに、
遂にあいつが帰ってきた。。。!



wo_20130912_145054.jpg



キリトくんがジャージ姿で参加してきた。


wo_20130912_145054_2.jpg

wo_20130912_145054_3.jpg

おはようございますってwww

ちゃんとズボンにライン入ってるな。


wo_20130912_145110.jpg

ジャージで来るなしww

てか、ニヤッっとすんなwwww


いつの間にかMAGになってたようですね。

活動再開するのか?
よくわからんな。。


今日もすぐ落ちちゃったしなあw



それにしても蒼の洞窟、

ホーンドビートルかなんか虫みたいなの
経験値うますぎるなw


もうこのミッションあれば他のやらなくてもいい感じだね。

wo_20130910_214603.jpg
まったり、たまに寄生しつつ周回しております。

休憩もしないと、ね。



それとー…

SSで気づいたかもしれませんが、






wo_20130912_173027_201309121756551fb.jpg


また賞金首になっていた


6人からこの値段はおかしいだろ。。。








 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。